三協物産株式会社

会社の沿革:2000−2021

川下からEMSTARへ

2000年4月 環境マネジメントシステム(EMS)の国際規格であるISO14001の認証を取得
2005年10月 武者英之 代表取締役に就任、環境配慮経営支援事業の展開に着手
2007年3月 武者英祐(現会長)「葛飾区優良技能士:ゴムの成形加工」に認定
2008年4月 早稲田大学環境エネルギー研究科永田研究室と共同研究を開始(中小企業の環境配慮経営)
2011年4月 当社の構想した「環境配慮経営支援事業(EMSTAR事業)」が「経営革新計画」に認定(東京都経営革新計画承認 22-380)
2014年6月 当社の「事業計画(3D計測システムを利用した工程内検査の高度化)」が経済産業省「新ものづくり補助金(平成25年補正版)」に採択
2018年9月 東京都中小企業振興公社による「新サービス創出スクール(第4期)」に参加、新規ビジネスプラン「環境配慮経営支援事業EMSTARの新展開」を策定
2021年2月 上記スクールのフォローアップ事業(第1期)に参加、ビジネスプランの高度化に着手